Anglo & Company Weblog

angloco.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 05月 18日

入荷のお知らせ

d0139909_14554779.jpg
長らく欠品しておりましたPATCHが入荷してまいりました。HOBOとAngloロゴマークに加えてヘキサマークも新たにラインナップいたしました。
主張しすぎず、大人の皆様にも評判良しです。サイズはタテ39mm、お値段は756円です。WEB SHOPでどうぞ。
d0139909_15033885.jpg
こちらも長いこと欠品しておりましたひょうたんやオリジナルテンカラ仕掛け巻き、再入荷です。
世の中にカッコイイ仕掛け巻きが全く無いとおなげきの皆様に向けて店主が渾身のリリースをしたアイテムでございます。
無垢のケヤキをロクロ加工、拭き漆で仕上げた日本の匠による手仕事の逸品なり。
穴径はWASABI、KOWASAのグリップにピッタンコ収まります。
φ70mm x H115mmお値段は4.320円です。こちらもWEB SHOPでどうぞ。

http://www.anglo.jp






# by angloco | 2017-05-18 15:04 | RECOMMEND
2017年 05月 07日

WOODBAITストリームチューン7CDR/タイトシンカー

d0139909_20090989.jpg
各河川、稚鮎の放流も始まりいよいよ大ヤマメシーズン突入であります。
2016年桂川で大暴れしたタイトシンカーが再入荷です。2017年は定番の3色にチャートバック、ブルーバックの2色を追加してパワーアップ。
並行姿勢で沈下、ストリームレーンをナチュラルドリフト、トゥイッチで派手にヒラ打ちさせてアピールしてください。
ダウンストリームでも飛び出さずに泳ぎ切る流れの中の大ヤマメ攻略専用ミノーです。
あと、大きな声では言えませんが、レイクのグリグリにもGOODとの報告ありです。
Anglo & company WEB SHOPでお買い求めくださいませ。

WOODBAIT Stream Tune 7CDR/タイトシンカー7cm/シンキング/5.8g/5.184円(税込)


# by angloco | 2017-05-07 20:10 | RECOMMEND
2017年 04月 11日

2017祝解禁 店主編

d0139909_21320453.jpg

毎年の事だけれど2月、3月はロッドの組み立てと確定申告でヘロヘロになるのが常。
4月の声を聞いて店主もやっと祝解禁なのだ。今年も山梨県共通年券を仕込んでいざ出陣。
ここ数年あまり話題に上らないちょいマイナー河川ををチョイスするあたり、我ながらいぶし銀のキャリアを感じさせる。
「今日は、肩ならしにサラッと釣って温泉浸かって帰ろう」と余裕のスタート。
が、反応無し・・、シラミつぶしに叩くも反応は無い。「あれっ、やっちまったかな・・」
川を替えよう、ひとつのポイントに固執しないのもキャリアのなせる技なのだ。
遥か昔に良い思いをした街中を流れる小渓をチェックするもあまりに風情が無くパス。
3ヶ所目は入退渓が面倒な分、人は少なそうだ。両岸とも枯れた葦で覆われ釣り難いが魚の気配は濃厚。
小一時間、丁寧に叩くが反応無し。「んー、本日ゲームオーバーか・・」
退渓場所を求めて遡行を続けているといきなり目の前に年若いルアーマンが現れる。「あー、若人も苦戦しているのだな」

店主「こんちは、キビシイですねー。まだ、時期が早いんですかねー」
若人「こんちは、いえ結構、活性高いっすよ。水深のあるところは、だいたいチェイスがありますもん」
店主「えー?マジですか?私、魚いっぴきも見てませんが・・」
若人「あ、たぶん僕の後を釣っていたんですね」
店主「あー、そうか。全然気がつかなかったよ」
若人「僕は、ここで上がりますので、この先はどうぞ」
店主「えー、いいの?なんか申し訳ないなー、どうも有難う、気をつけて」

ほんとだ、いきなり反応がある。
半年振りにオツムの中の狩猟本能スイッチがバチッと入るのを感じる。
鬼ストーキングしつつ、枯れた葦にフライを引っ掛けつつ前進、前進。
崩れかけた小堰堤下の気配濃厚のスポット、
スローモーションでパーマークを見せながらヌラリと反転してくれたのは
祝解禁に相応しい朱点が派手めなかわい子ちゃんだ。
有難う、かわい子ちゃん。命拾いしたぜ。
そして心優しき若人に幸あれ。
そしてそして、最後の堰堤で3回フライに出てくれたプリプリの良型を合わせ切れした事を白状しておく。

10年振りに進行中のフライフィッシングプロジェクトですが、こだわりすぎて製品が解禁に間に合わずの体たらくでございます。
一応全ての設計、デザインが決定してブランク、パーツの上がり待ちの状況です。上がり次第、ブログ上でお披露目の予定です。





# by angloco | 2017-04-11 21:35 | DIARY
2017年 03月 13日

2016 Anglo桂川チャリティダービー結果報告

2016年チャリティダービーにご参加頂きました皆々様、ご協力誠に有難うございました。
超人気河川の宿命、激混みの中でのデットヒート本当にお疲れ様でした。
桂川攻略ノウハウの全てを熟知したと思われた手練れすらデコってしまうという状況の中きっちりと結果を出したのは
運でも何でもなく地道に足を運び状況を判断し的確に駒を進める事ができたベテラン勢達でした。
中でも14年、15年とダービーを連覇してきた伊藤義明氏が、断トツの安定感で桂川ダービー2度目の3連覇を成し遂げた。
早いタイミングで31cm,39cm,40cmをエントリーしてプライムシーズン前に戦線離脱。
経験から導き出したブレない持論をベースに組み立てする氏のスタイルは、もはや別次元の物なのだろう
週末釣行組のベテラン杉本光宏、吉田彰が不利な状況のもとで良型をエントリー、明るいニュースを運んでくれた事に感謝したい。
水谷学は初参戦、早いタイミングからベイトロッドでダービーを盛り上げて頂いた。
d0139909_17564833.jpg
2016年度桂川チャリティダービー結果(敬称略)

優勝 伊藤 義明 ヤマメ 40cm / Paragon 663 x WOOD BAIT タイトシンカー
準優勝 杉本 光宏 ヤマメ 34cm / Paragon 663
準々優勝 吉田 彰 ヤマメ 33cm / Paragon 663
特別賞 水谷 学 ヤマメ 28cm / Paragon 553 Bait x HOBO MD50
d0139909_16081182.jpg
皆様からお預かり致しましたチャリティダービーエントリーフィー及び募金の合計金額は30.346円でございました。3/13に日本赤十字社東日本大震災義援金口座に全額振り込みをさせて頂きました。ご協力誠に有り難うございました。

スタートから15年間に渡り、桂川そしてトラウトフィッシングを愛する皆様に盛り上げて頂いたAnglo桂川ダービーでございますが、
2016年度をもちまして終了させて頂く運びとなりました。長きに渡りご支援頂きました事、心より感謝申し上げます。
今後、新しい形で皆様に愛されるイベントを企画したいと思っています。その節は、何卒よろしくお願い申し上げます。

アングロ店主 菅沼 啓次郎


# by angloco | 2017-03-13 16:08 | NEWS
2017年 02月 16日

鱒の森No.38発売

d0139909_21013811.jpeg
鱒の森No.38発売です。特集は「トラウトロッドが好きなもので。」です。
おなじみ水出準一大兄がParagonへの愛着を綴ってくれています。大兄ごっつぁんです。
「新春渓流ハンドメイドミノー、プレゼントカタログ」ボリューム凄いっす。
WOODBAIT Anglo Custom Stream Tuneも参戦、ふるって応募してちょ。



# by angloco | 2017-02-16 21:25 | NEWS
2017年 02月 08日

Paragon Gシリーズ RAWグラスカラー

d0139909_17012199.jpg
解禁間近、いよいよ工房内もバタバタしてまいりました。去年に比べて作業スペースが広々としているので
ハタから見ると悲壮感がなく、のーんびりやっている雰囲気を醸し出してる模様。広すぎ・・?
昨年からご好評頂いているUDグラス素材のParagon Gシリーズ、RAWグラスカラーをご紹介。
自分が欲しくなって試しに巻いて見たところ、評判よろしく製品化と相成りました次第。
釜で焼きあがったままの生の色です。トランスルーセント感ハンパないです。スレッドカラーがビビットに発色しますので
スレッドカラーのチョイスがセンスの見せ所であります。アクション、お値段はレギュラーモデルと同様です。
「すごく楽しいROD」をさらに楽しむメニューをご用意いたしました。


# by angloco | 2017-02-08 16:55 | RECOMMEND
2017年 01月 06日

明けましておめでとうございます

d0139909_2382336.jpg

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。
皆様、初釣りは如何に?店主の初釣りは、都内の金魚釣り堀。
最近、常連さんに教わって手慰みに通い始めたのだけれど、想定外の難しさが釣り師魂を激しく刺激するのだ。
和金に混じってたまに釣れるベッピンさんの色っぽさがこの釣りの真骨頂なのね。
特にお正月は特別に色っぽい子達が大量投入されるそうで行かない訳にはいかないのだ。
寒風吹きすさぶ中4時間集中し3匹という貧果に正月早々めまいを覚えた店主であった。
帰りしなにふらりと立ち寄った書店で「原色金魚図鑑」を買ってしまう程脳ミソをやられたようだ。
カヤ浮きを削り始めるのも時間の問題か・・。店主は、何処へ向かうのか・・。わかりません。
でも、何を釣っても釣りって愉しいなぁ。
今年も一年、KEEP ON FISHING!で参りましょう。
http://www.anglo.jp

# by angloco | 2017-01-06 22:51 | DIARY