Anglo & Company Weblog

angloco.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 02月 08日

SPEY CASTING 練習会のお知らせ

d0139909_23372269.jpg

ハリージェーミソン・ジャパンのスタッフを招いて下記日程でスペイキャスティング練習会を行います。フライロッドを振った事が無い初心者の方からトーナメント指向のエキスパートの方まで幅広く対応出来るインストラクターたちです。ロッドをお持ちでない方もデモロッドをご用意しておりますので手ぶらでもご参加いただけます。参加費は、ハリージェミソン・ジャパンのご好意で無料となっております。和やかな雰囲気の練習会ですのでお気軽にご参加頂きたいと思います。

日時   / 2月24日(日) AM9:30〜PM4:30
場所   / 多摩川河川敷(二子橋上流左岸側)
参加費  / 無料

・多摩川緑地グラウンドの駐車場が、利用出来ます。(有料/¥500)
・ウェーダー、ブーツ等各自ご用意ください。
・昼食、飲み物等各自ご用意ください。(近くにコンビニ等ございません)
・グラウンドのトイレが使用出来ますので女性の方もお気軽にご参加いただけます。
・小雨決行いたします。荒天については、前日に判断致します。

詳しくは、Angloにお問い合わせください。 TEL 03-3439-6177

http://www.anglo.jp

# by angloco | 2008-02-08 00:30 | NEWS
2008年 02月 07日

入荷情報

大変、お待たせ致しました。レグロントーナメント入荷致しました。
8、11、13、16 lb.の100m巻き、600m巻きの入荷です。お早めにどうぞ。

http://www.anglo.jp

# by angloco | 2008-02-07 20:39 | RECOMMEND
2008年 02月 06日

HARDY社長ご来店の巻き

d0139909_23234076.jpg
本日、HARDYの社長が、突拍子も無く、いきなり来店。マジですかーっ。
なぜ? いきなり? こんな駄菓子屋みたいな店に? 視察だとー?
わーっ、前もって教えてくれー。もっと、カッコ付けておきたかったじゃないかー。
以下、店主とリチャード(店主は、社長をこう呼ぶ?)の会話

リチャード  「あんた、このロッド、全部ここで作ってるの?」
店主     「ブランク以外は、だいたい。」
リチャード  「マジかい。いい仕事してるね。昔は、英国にもこういう店が、結構あったよ。」

リチャード  「あんた、リールまで作ってるの?メード・イン・ジャパンかい?」
店主     「オフコース」
リチャード  「いい味出しとるねー。ケーンロッドにぴったりやねー。」
店主     「サンクス」

嘘の様な実話なり。店を開けて11年、ついにてっぺんに登り詰めたなー。
よって、当店の竿は、明日より、英国王室御用達のスリーフェザーマークが、入ります・・か?

http://www.anglo.jp

# by angloco | 2008-02-06 23:30 | DIARY
2008年 02月 01日

お待たせしました

d0139909_0515384.jpg

Anglo Original Fly Reel/Light Line DK-01 本日入荷いたしました。只今、検品中でございます。いい仕上がりです。ご予約のお客様、大変お待たせ致しました。12月は、シリアル#01のみの納品だったもので・・・。今回は、シリアル#02〜#07の6台入荷です。本日、早速納品させて頂きます。
DK-01は、ブラスとアルミのコンビネーションが、美しいモデル。15台限定生産。あと、わずかですが、ご予約可能でございます。

REEL DIAMETER / 69mm
REEL WIDTH / 27mm
WEIGHT / 110 g
CAPACITY / #2-#4(#4 NO BACKING)
PRICE / ¥38.000(税別)

http://www.anglo.jp

# by angloco | 2008-02-01 01:54 | ITEMS
2008年 01月 21日

Bait Rodに昂る その4

d0139909_2222945.jpg

本日、二子玉川にて、グラス×カーボン ブランクの最終チェック。シーズンインぎりぎりまで試行錯誤を繰り返して、やっと、納得の仕上がりです。『Sovereign』と命名。取り急ぎ、ブランクの本生産に入ります。で、気になるお値段ですが、只今、最終調整中につき、もう少しお待ちを・・。

そして、Sovereignとともに本日、最終チェック致したのが、Paragon(3ピースボロンコンポジット)とSupreme(トンキンBamboo)のベイトモデル。Paragonは、ベイトでもビシビシとトゥィッチングしたいユーザーからのご要望にお答えして既存のブランクでベイトモデルを提案いたします。ミディアムファーストアクションにつき、キャスティングは、Sovereignと比較するとどうしても難しくなりますが、ルアーの操作性を重視するユーザーに、お勧めいたします。
そして、Supremeですが、バット部のテーパーをすこし強めに仕上げる事で、非常に気持ちよい竿に仕上がりました。本気で使えます。かなり、ハッタリも効きます。こちらは、ブランクからの受注生産につき、納期2〜3ヶ月頂きます。

ああっ、ベイト熱いぜ・・。

http://www.anglo.jp

# by angloco | 2008-01-21 23:50 | NEWS
2008年 01月 15日

Bait Rodに昂る その3

d0139909_18162982.jpg

Bait Rodのスレッド、グリップ廻りのデザインを決定。かなり、洒落てます。大人です。
Bait Rodに昂る その3は、「なぜ、ベイトなの?」という直球のご質問にお答えいたします。そう思われるのもごもっともだと思います。

まず、デメリット。
『バックラッシュが、つきもの。軽いルアーが、投げられない。』
これは、もう練習しか無い・・。あとは、最近の高性能リールに頼るしか無い。店主も頼る・・。
『アップストリームの釣りは、きつい。』
巻き上げスピードが、流れの速さに追いつかない。もっとも、高速リトリーブ可能なリールも発売されているが・・。

次は、メリット。
『太いラインが、使える』
太いラインでも糸よれが、無いのでストレス無く釣りができる。根がかりのルアーも太いラインのおかげでフックを伸ばして回収可能。
『ダウン&アクロスでの釣りでラインの出し入れが、出来る』
ルアーのドリフト中にクラッチを切ることで浮き上がったルアーを再度ボトムに送り込む。それをストラクチャーごとに何度もできる。1回のドリフト中、おいしいスポットごとにトラウトの好きな「タテのターン」を入れて釣って行くという事だ。
完全にダウンストリームでの釣りでは、「送り込み+リトリーブ」を繰り返すことで、絶対に魚が居るポイントを徹底的に攻める。ちょっと、エグいが・・、釣れる。
『サミングによるマニュアルドラグ』
魚とのやりとりの際、親指を使う。たとえば、テトラに突っ込まれそうになった際、親指でスプールをロックして魚を止める等々。

いろいろとメリットが、あるのですが、それを使う1番の理由は、単純に楽しいからです。そして、カッコイイからです。モチベーションの持続が、重要な本流、中流の釣りでは、その辺の「気持ち」の部分を大切にしたいと思うのです。

http://www.anglo.jp

# by angloco | 2008-01-15 17:52 | NEWS
2008年 01月 15日

入荷情報

d0139909_1482335.jpg

JIGEN 50 S   ¥4,935(税込)
ビルダー伊藤芳朗デビュー作。気合い入ってます。ッていうか、手間かかってます。かけすぎです。
ちょっと作りの荒い部分もありますが、ひさびさに魂入ってる新人ビルダーさんです。
バルサボディ、銀箔、日本アワビ、基盤リップ、タングステンウェイト、オリジナルアイ、セルロース仕上げとスペックのてんこ盛り。カラーは、アマゴ、ヤマメ(グリーン、ピンク、オレンジ、ナチュラル)、イワナの6色。よーく見ると笑ってしまう程、手をかけている・・。この人、大丈夫だろうか?ヘンタイです。
泳ぎは、店主のお墨付きでございます。

http://www.anglo.jp

# by angloco | 2008-01-15 02:33 | RECOMMEND