Anglo & Company Weblog

angloco.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 01月 21日

Bait Rodに昂る その4

d0139909_2222945.jpg

本日、二子玉川にて、グラス×カーボン ブランクの最終チェック。シーズンインぎりぎりまで試行錯誤を繰り返して、やっと、納得の仕上がりです。『Sovereign』と命名。取り急ぎ、ブランクの本生産に入ります。で、気になるお値段ですが、只今、最終調整中につき、もう少しお待ちを・・。

そして、Sovereignとともに本日、最終チェック致したのが、Paragon(3ピースボロンコンポジット)とSupreme(トンキンBamboo)のベイトモデル。Paragonは、ベイトでもビシビシとトゥィッチングしたいユーザーからのご要望にお答えして既存のブランクでベイトモデルを提案いたします。ミディアムファーストアクションにつき、キャスティングは、Sovereignと比較するとどうしても難しくなりますが、ルアーの操作性を重視するユーザーに、お勧めいたします。
そして、Supremeですが、バット部のテーパーをすこし強めに仕上げる事で、非常に気持ちよい竿に仕上がりました。本気で使えます。かなり、ハッタリも効きます。こちらは、ブランクからの受注生産につき、納期2〜3ヶ月頂きます。

ああっ、ベイト熱いぜ・・。

http://www.anglo.jp

by angloco | 2008-01-21 23:50 | NEWS


<< お待たせしました      Bait Rodに昂る その3 >>